女性

ブヨッとした無駄な脂肪を除去|ダイエットのメニューは無限大

痩せるための病院

笑顔の医師

太りすぎは病気です

太りすぎそのものは病気とはいえませんが、過度に太っていることでさまざまな病気の原因になります。もっとも知られる病気としては糖尿病と高血圧があります。糖尿病はインスリンの分泌が上手くいかなくなり、細胞が必要とするブドウ糖が身体の隅々まで行き渡らなくなるというものです。肥満以外での糖尿病もありますが、多くの人が悩まされている糖尿病は内臓脂肪が増加することによって発生するものです。また太るということは身体の体積が増えることになります。このため血液を末端まで送り届けるために高血圧になります。高血圧になると血管に負担を掛けることになり、血管が破裂するといったリスクが高くなります。また内臓脂肪が増えることによっても血圧を上げる作用が生まれます。このほかにも脂質異常症や変形性膝関節症、睡眠時無呼吸症候群などが知られ健康に著しく悪影響を与えます。このため治療では投薬のほかダイエットを進められることも多くあります。また近年はダイエットをサポートすることを目的としたダイエット外来も設けられるようになっています。

病院での痩せる治療とは

病院での痩せられる治療はダイエット外来で受けることができますが、ダイエット外来といってもおおまかに2種類があります。ひとつは美容クリニックで行なわれている美容を目的としたもので、もうひとつが健康を取り戻すことを目的としたものです。美容クリニックで行なう場合は、単なる痩せではなくボディラインを整えるといったことも同時に行われるため、治療とはやや異なるものになります。しかし、痩身エステと異なり病院では医師が薬を処方することができるので投薬によって痩せるのを手助けしてくれるメリットがあります。ただし美容を目的としている場合には健康保険の対象にはならないので相応の費用が必要になります。一方で健康を取り戻すことを目的としたダイエット外来の場合には、現在の病気が完治することを目指して行うことのほか、未然に病気の発生を防ぐために行われるケースがあります。極端な肥満やすでに肥満によって何らかの病気が発生している場合には、健康保険の対象となるため医療費の負担は小さくて済みますが、予防的なケースでは美容目的と同じ扱いになるため全額自己負担になるため相応の費用が必要になります。