女性

ブヨッとした無駄な脂肪を除去|ダイエットのメニューは無限大

病院の医師に従って行う

メジャー

体格指数であるBMIの数値が25以上である場合、肥満であると判定されます。BMIの数値が25以上でなおかつ、糖尿病や高血圧、脳梗塞や心筋梗塞、痛風や月経異常、骨の疾患や関節の疾患、睡眠時無呼吸症候群などの様々な健康障害が起こっている場合や、減量が必要である肥満の場合、肥満症だと判定されます。肥満症になってしまった場合は、治療を行いダイエットをする必要があります。現在ではダイエット外来という、病院で専門の医師によって行われる治療方法があります。肥満症になってしまう原因をきちんと検査して、1人1人に合った治療方法が行われます。ダイエット外来には大きく分けて2つの治療法があり、1つ目に生活習慣を変えて体質改善をはかある治療方法です。食事療法や運動療法などが挙げられます。2つ目に外部施術による治療方法です。外科療法や投薬療法などが挙げられます。肥満の原因を知るための検査が行われた後、生活習慣の分析が行われ、これらの治療方法によるダイエットプログラムが組まれていくため、健康的に痩せることが可能です。

肥満症を改善するためにはダイエット外来で治療を受けることがおすすめされます。ダイエット外来で行われる治療方法は様々な方法がありますが1つ1つどのようなものなのでしょうか。食事療法は、専門の医師や栄養士の指導に従って食事制限を行うという方法です。医師や栄養士のもとで行うため、リバウンドのリスクが少なく計画的に痩せることができます。運動療法は、筋力を使ったウエイトトレーニングと、有酸素運動や柔軟運動を組み合わせて行う方法で、これも運動医学専門の人に指導してもらうことができます。外科療法は、体の中にメスを入れたり注射を打ったりする治療方法で、主に病的な肥満の人を対象に行われます。投薬療法は、食欲を抑える薬や肥満を治療する薬を服用して行う方法です。主にこれらの治療方法がありますが、それぞれの方法にメリットやデメリットがあります。どの方法が自分に合っているか医師の指導をしてもらうことが大切です。現在では様々な方法のメリットを組み合わせたメディケアダイエットという方法も開発されています。